So-net無料ブログ作成

おいおい、細野は何を挑発してるんだ [民主党]

スポンサードリンク




さて、
来週は民主党の代表選である。

一応細野と岡田の事実上の一騎打ちの様相を呈している。

この間、
一時は維新の党との合流はないとしていた細野に対して、
岡田が衆院選前に合流の話を細野が出していたと暴露。
もはや遺恨試合の様相となりかねない状況となりつつある。

代表選後にもはやこの党において、
一つにまとまるという事はなく、
むしろ分裂して、
維新と合流するもの、
しないものとに分かれ、
更には右派と左派とにも分裂するだろう。

結局は選挙に弱い海江田を見越して、
うまく民主党を解党へ追いやる安倍首相の戦略勝ちのようである。

さて、
そんなさなか、
細野が件の山本モナとの不倫路上キスについて、

「やりたいことが捨てきれなかった」
と発言している。

これが公党の代表となろうかという人間の言うことなのか。

そのとき、
長妻は相変わらず年金のことを言っていたが、
年金しかできないのならば代表とかになる必要はむしろないのである。

なぜなら、
代表になったところで総理になるわけではないから。

ちなみに岡田はというと、
ブレナイ
ということを表に出していたわけであるが、
愛も変わらずフランケンシュタインである。

どれも魅力的に映らないが、
細野だけはない。

こんなことを言っている人間が、
器がでかいとは思えないのである。

それは結果的に山本モナに対しての仕打ちですべてが証明できるわけで、
あれで、
「責任はすべて私にあります」
と細野が借りに言っていたのであれば、
三木武吉のような扱いになっていたのかもしれない。

民主党もついに終焉の時を迎えたようである。


スポンサードリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。