So-net無料ブログ作成
検索選択

介護報酬が2.27%ダウンになることについて [社会福祉]

スポンサードリンク




平成27年度予算の閣僚折衝にて、
介護報酬が2.27%のダウンとなることが、
各媒体において公表されていたが、

これって何が問題なの?

よっぽど、
介護保険料が、
現在全国平均が4,972円だったのが、
5,500円くらいに上がることが問題なんじゃないかと思う。

まぁ、
考え方によっては、
徴収した分安く利用できるということにもなるのだが。

そう、
介護報酬については、
利用者サイドからしたらダウンしたほうが、
安くなるからいいのである。

まして、
平成27年度から一定以上の収入がある世帯においては、
自己負担割合が、
今までの一律一割から二割となる。

つまり所得がちょっとあるからという理由だけで、
利用料が倍になるわけだ。

これは私は、

法の下の平等と言えるものなのか?

と疑念を感じざるを得ない。


もっとも、
区分支給限度額というものが存在する時点で、
この介護保険というものはやはり変な仕組みだと言わざるを得ないのだが。

ある一定以上の金額を利用した場合は、
その一定の部分を超えた部分については全額自己負担となる制度が介護保険制度であり、
その調整をするためにケアマネージャーが存在する。

さて、
先ほど利用料が二割になる人の話をしたが、
場合によっては、
高額介護サービス費について自治体に問い合わせることによって、
一定額以上が帰ってくる場合があるので、
良く調べてみることである。


スポンサードリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。