So-net無料ブログ作成

沖縄県知事の翁長雄志は元々辺野古移設賛成派と知ってるの? [政治]

スポンサードリンク




沖縄県知事選で、
与党が推していた仲井真氏が敗れてから、
沖縄への風当たりが強くなっている。

といった感じの報道が盛りだくさんで、

終いには翁長知事に会わない政府は大人げない

とまで言い出した。

しかし、
よくよくふたを開けてみると、
これは翁長氏の完全なる裏切りでしかないわけで、
というのも、
元々翁長氏は辺野古移設賛成派だったからである。

これは実際に、
翁長氏が自民党県連幹事長時代に(そうです元々この人は自民党です)、
沖縄県議会において、
辺野古移設推進決議案を可決させたことでも分かることです。

つまり、
当選したいがためだけに、

辺野古移設反対

と大声で言って当選したわけです。

そしてその流れのままに、
先の衆議院選挙において、
与党全滅という結果をも生み出したわけです。

こうした状況下、
政府に相手にされないのは当然です。

移設推進の旗振り役をしておきながら、
いざ移設を始めようかとしたら、
急ブレーキをかけるようでは信頼できるわけがありません。

ある意味、
民主党よりも詐欺的な行動であるわけです。

そういったことを抜きにして、
一方的に安倍たたきをしているマスコミには反吐が出るし、
それを鵜呑みにする国民にも憐れみを感じるしかない状況なのであります。


スポンサードリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。