So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 2014年11月 |2014年12月 ブログトップ

野田前首相が安倍首相を批判 [民主党]

野田佳彦前首相が、
11月30日に行われた愛知県豊田市での講演で、
安倍首相を痛烈に批判したという。

内容は前回の解散に至った定数削減を守っていないというもの。


しかしねぇ、
それについて本気で言うのなら、
定数削減について民主党がどんだけ頑張ったのか?
という事になるんだけどねぇ。

そもそも、
今国会においても、
ただただ批判するだけで、
これと言って何か建設的な議論って民主党がありましたっけ?

枝野幹事長により、
政権を取る前の民主党に逆戻りしたのは誰の目にも明らかなことであると思いますが。

そんなことより、
批判なんかするよりも、
政策立案でもしたらいかがですか。

ただ、
アベノミクスの批判に終始するのではなく、
いっそのこと、
その時に三党合意についても批判したのであれば、
民主党ならばこういう経済政策をとることで、
増税が計画通りに実行できた、
という説明をしないといけないでしょう。

しかし現実には、
ただアベノミクス批判をするだけ。

そもそも、
安倍首相が民主党の支持団体である、
「連合」へ直接賃上げについて話をしたんじゃなかったんですかね。

民主党時代はいったい何をしてたんだよ!

株価だけが上がった、
っていう人間がいるけど、
その結果に対して行動をとるのは企業でしょう。

その企業に対して賃上げを強制実行すように(実際はそうして欲しいけど)、
行動してしまったらそれはもう独裁以外の何物でもなく、
私企業ではなく、
すべて国営企業と化してしまいますよ。

批判の矛先がそもそも間違っている。
大企業だけが儲かっている、
というのであれば、
政府ではなく、
その大企業(多分輸出型企業のことを言っているのでしょう)に対して、
もっと賃上げや中小企業からの部品や製品の買い取り価格を引き上げるように、
など訴えればいいのである。

まぁ、
ただでさえスポンサー料が枯渇しかけているところに、
その大部分を占めている大企業様様の批判など、
マスコミには絶対できないわけではあるが、
物事の本筋としてはそういうものではないかと思ってやまない。

つまり、
そもそもの批判の矛先を民主党は間違えているわけである。

もっとも、
そうかといって法人税率の引き上げをしては、
より中小企業の経営を圧迫しかねないわけで、
却っておかしなことにもなるし、
よっぽどもっと引き下げて、
それをいかに下に還流させるかを検討していかなければならない。

内部留保の問題について、
いっそのことパーセンテージを決めて、
それを超える分については、
税金を課すなどしたら、
もっと投資(賃上げも含む)をしていくのかもしれない。

結果的にはその方が確実に経済は循環していくのではあるが。

平岡秀夫 この人は今回出馬するのでしょうか? [民主党]

前回の衆議院選挙で見事に落選した、
元法務大臣平岡秀夫です。

この人がどんな人かはこの動画でよくわかるかと思います。


法務大臣でありながら、
法務大臣としての見解をコメントできないのは、
日本国として非常におぞましいものを感じざるを得ません。

岩国市で新事務所を開設したとのことですが、
この人を復活当選することすら許さない、
山口2区の特に岩国市民の皆さんは誓い合ってくださいね。

それにしても、
稲田さんは綺麗な人だけど、
きつい人でもあるなぁ。

ちなみに平岡は、
在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟
のメンバーの一人です。
単純にいえば外国人参政権を付与したくてたまらない人です。

解散に意義はないという民主党は何考えてるの? [民主党]

先日21日についに衆議院は解散となりました。
解散するという話が出だした瞬間、

「解散に意義はない」

と言い出した民主党に苦言を。

そもそも、
枝野が幹事長になるや否や、
政策論争をやめていったことが、
現国会の閉塞状況を生み出した一因でもある。

政治とカネの問題をやたら取り上げたがるが、
そもそも民主党の現代表である、
海江田万里は、
あの安愚楽牧場に対する出資を煽ったということで、
裁判まで起こされた人間ではないか。

つまり詐欺師と言われても仕方がない人間なのである。

政治とカネの問題として取り上げているのは、
政治資金規制法に基くものなのだろうが、
詐欺となれば列記とした刑法犯である。

うちわがどうのこうのどころの話ではない。
民主党がダメなところは、
自分の身内のことについては、
一切顧みずに人のことを攻撃しまくることである。

小沢の西松建設献金問題については、
結局どうなったのか?

国民はもう一度この民主党という存在について、
きちんと熟考する必要がある。

特に枝野については、
核マル派だの中核派だのというレッテルが張られているが、
彼らの思想についてはどうのこうのいうつもりはないが、
少なくとも公安がマークしている状態であることについては、
考えなければならない。

また、
散々人の政治資金については追及するわけだが、
自身の記載漏れについては、
「軽率なミス」
という一言で片づけ済ませてしまう。

このような問題については、
批判をするからには、
額の大小を問わず行わなければ、
この額ならいい、
という勝手なルール付けができかねない。

つまり、
ただ人の批判だけできればいいわけであり、
結果として、
国家としての重要事項等について議会を遅延させたいだけなのである。

当然にこういう人たちは、
「もっと審議する時間が欲しかった」
など、
そういった重要事項が決議された後いうわけであるが、
そもそも自分自身がそういった時間を平然と奪っているわけである。

埼玉5区の有権者の皆さん。
騙されてはいけませんよ!
こういう国の為にならない人間を国会議員にしないでください。

与党・政権党に反対票を入れることは、
恰好いいことでも、
知識人のすることでもありません。

ただただ、
国家を滅亡へと導く行為以外の何物でもありません。

- |2014年11月 |2014年12月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。