So-net無料ブログ作成
検索選択
民主党 ブログトップ

民主党代表選 決選投票の果てに 岡田代表に [民主党]

民主党代表は、
決選投票の結果
岡田新代表
に決まった。

票数は

細野  120票
岡田  133票

となった。

長妻の票が
となったようだ。

サポーター票などを見る限り、
これで、
細野が進めようとしていた維新との合流の線はほぼ消えたとみていいだろう。

そもそも岡田は原理主義者だから、
選挙戦を通して主張していた原点回帰を、
そのまま実行していくことになる。

もっとも、
代表よりも幹事長が誰になるかの方が、
より重要である。

海江田落選のきっかけを作った枝野の大暴走を、
岡田は許すことはないだろう。

長妻が意外と善戦したことにより、
民主党内では岡田・長妻が主流派となり党運営をしていくことは、
ほぼ既定路線となる。

与党としては、
組みやすい相手であるので、
少なくとも統一地方選までは波風が立つことなく、
国会は動いていくようである。

細野みたいな、
ケツの穴の小さい奴が代表にならなくて本当に良かった。

今回でなれないようでは、
もう二度と人の頭に立つことはないだろう。


民主党代表選 第1回の結果 [民主党]

さて、
民意という言葉が大好きな民主党の代表選が行われた。

ちなみにその民意であるサポーター票は、

長妻   67票
細野  139票
岡田  148票
であった。

地方議員票では

長妻   27票
細野   63票
岡田   51票
であった。

そして国会議員票では、

長妻   74票
細野   96票
岡田   95票
であった。

合計が

長妻  168票
細野  298票
岡田  294票

ということで、
過半数に満たず細野・岡田両氏による決選投票となった。

意外と長妻が善戦したというところで、
現在決選投票の投票中である。

長妻は岡田寄りだったことを考えると、
岡田代表がほぼ確定であると、
私は考える。

おいおい、細野は何を挑発してるんだ [民主党]

さて、
来週は民主党の代表選である。

一応細野と岡田の事実上の一騎打ちの様相を呈している。

この間、
一時は維新の党との合流はないとしていた細野に対して、
岡田が衆院選前に合流の話を細野が出していたと暴露。
もはや遺恨試合の様相となりかねない状況となりつつある。

代表選後にもはやこの党において、
一つにまとまるという事はなく、
むしろ分裂して、
維新と合流するもの、
しないものとに分かれ、
更には右派と左派とにも分裂するだろう。

結局は選挙に弱い海江田を見越して、
うまく民主党を解党へ追いやる安倍首相の戦略勝ちのようである。

さて、
そんなさなか、
細野が件の山本モナとの不倫路上キスについて、

「やりたいことが捨てきれなかった」
と発言している。

これが公党の代表となろうかという人間の言うことなのか。

そのとき、
長妻は相変わらず年金のことを言っていたが、
年金しかできないのならば代表とかになる必要はむしろないのである。

なぜなら、
代表になったところで総理になるわけではないから。

ちなみに岡田はというと、
ブレナイ
ということを表に出していたわけであるが、
愛も変わらずフランケンシュタインである。

どれも魅力的に映らないが、
細野だけはない。

こんなことを言っている人間が、
器がでかいとは思えないのである。

それは結果的に山本モナに対しての仕打ちですべてが証明できるわけで、
あれで、
「責任はすべて私にあります」
と細野が借りに言っていたのであれば、
三木武吉のような扱いになっていたのかもしれない。

民主党もついに終焉の時を迎えたようである。

細野豪志は山本モナに謝罪したのか? [民主党]

先の衆議院議員総選挙で、
民主党は海江田万里代表が落選した。

党首や代表が落選した政党は全員失職という制度にしたほうがいいのではないか、
と私は常々思っているわけで、、、

なぜ?

党の代表たるものが落選するということは、
その党に対して信任していない、
とみなされても仕方がないだろう。

さて、
話は変わり、
それに伴い代表戦をするそうだ。

立候補者は、
岡田達也代表代行、
細野豪志、
長妻昭、
以上三名だそうだ。

まぁ、
代表代行が存在するのだから、
そのままスライド人事でもいいような気もするのだが、
(そもそも代行を置く理由はいったい何なのだ?)
選挙をするそうだ。

一時は蓮舫や前原誠司などの出馬もうわさされていたが、
どうなんだろう?

さて、
私としては結果的に枝野が影響しない体制であればそれでいいと思っている。
枝野は批判のための批判一辺倒で、
あまりにも政局を煽りすぎるきらいが強すぎる。

尤も、
細野豪志もいただけないが。

山本モナとの不倫キス事件の際に、
不倫の罪をすべて山本モナに押し付けた、
こんな男が何の代表か?

こんな人間が不倫相手すら簡単に捨ててしまうという、
(山本モナは大阪から上京して間もない中、再起できないダメージを受けた)
こんな人間が日本という国家、
そして日本国民のために働くことができるはずがない。

ちなみに山本モナは北野武事務所に受け入れたわけであるが。

でも、
結果的にはこの無責任変態破廉恥男が代表になるんだろうなぁ、、、

野田前首相が安倍首相を批判 [民主党]

野田佳彦前首相が、
11月30日に行われた愛知県豊田市での講演で、
安倍首相を痛烈に批判したという。

内容は前回の解散に至った定数削減を守っていないというもの。


しかしねぇ、
それについて本気で言うのなら、
定数削減について民主党がどんだけ頑張ったのか?
という事になるんだけどねぇ。

そもそも、
今国会においても、
ただただ批判するだけで、
これと言って何か建設的な議論って民主党がありましたっけ?

枝野幹事長により、
政権を取る前の民主党に逆戻りしたのは誰の目にも明らかなことであると思いますが。

そんなことより、
批判なんかするよりも、
政策立案でもしたらいかがですか。

ただ、
アベノミクスの批判に終始するのではなく、
いっそのこと、
その時に三党合意についても批判したのであれば、
民主党ならばこういう経済政策をとることで、
増税が計画通りに実行できた、
という説明をしないといけないでしょう。

しかし現実には、
ただアベノミクス批判をするだけ。

そもそも、
安倍首相が民主党の支持団体である、
「連合」へ直接賃上げについて話をしたんじゃなかったんですかね。

民主党時代はいったい何をしてたんだよ!

株価だけが上がった、
っていう人間がいるけど、
その結果に対して行動をとるのは企業でしょう。

その企業に対して賃上げを強制実行すように(実際はそうして欲しいけど)、
行動してしまったらそれはもう独裁以外の何物でもなく、
私企業ではなく、
すべて国営企業と化してしまいますよ。

批判の矛先がそもそも間違っている。
大企業だけが儲かっている、
というのであれば、
政府ではなく、
その大企業(多分輸出型企業のことを言っているのでしょう)に対して、
もっと賃上げや中小企業からの部品や製品の買い取り価格を引き上げるように、
など訴えればいいのである。

まぁ、
ただでさえスポンサー料が枯渇しかけているところに、
その大部分を占めている大企業様様の批判など、
マスコミには絶対できないわけではあるが、
物事の本筋としてはそういうものではないかと思ってやまない。

つまり、
そもそもの批判の矛先を民主党は間違えているわけである。

もっとも、
そうかといって法人税率の引き上げをしては、
より中小企業の経営を圧迫しかねないわけで、
却っておかしなことにもなるし、
よっぽどもっと引き下げて、
それをいかに下に還流させるかを検討していかなければならない。

内部留保の問題について、
いっそのことパーセンテージを決めて、
それを超える分については、
税金を課すなどしたら、
もっと投資(賃上げも含む)をしていくのかもしれない。

結果的にはその方が確実に経済は循環していくのではあるが。

平岡秀夫 この人は今回出馬するのでしょうか? [民主党]

前回の衆議院選挙で見事に落選した、
元法務大臣平岡秀夫です。

この人がどんな人かはこの動画でよくわかるかと思います。


法務大臣でありながら、
法務大臣としての見解をコメントできないのは、
日本国として非常におぞましいものを感じざるを得ません。

岩国市で新事務所を開設したとのことですが、
この人を復活当選することすら許さない、
山口2区の特に岩国市民の皆さんは誓い合ってくださいね。

それにしても、
稲田さんは綺麗な人だけど、
きつい人でもあるなぁ。

ちなみに平岡は、
在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟
のメンバーの一人です。
単純にいえば外国人参政権を付与したくてたまらない人です。

解散に意義はないという民主党は何考えてるの? [民主党]

先日21日についに衆議院は解散となりました。
解散するという話が出だした瞬間、

「解散に意義はない」

と言い出した民主党に苦言を。

そもそも、
枝野が幹事長になるや否や、
政策論争をやめていったことが、
現国会の閉塞状況を生み出した一因でもある。

政治とカネの問題をやたら取り上げたがるが、
そもそも民主党の現代表である、
海江田万里は、
あの安愚楽牧場に対する出資を煽ったということで、
裁判まで起こされた人間ではないか。

つまり詐欺師と言われても仕方がない人間なのである。

政治とカネの問題として取り上げているのは、
政治資金規制法に基くものなのだろうが、
詐欺となれば列記とした刑法犯である。

うちわがどうのこうのどころの話ではない。
民主党がダメなところは、
自分の身内のことについては、
一切顧みずに人のことを攻撃しまくることである。

小沢の西松建設献金問題については、
結局どうなったのか?

国民はもう一度この民主党という存在について、
きちんと熟考する必要がある。

特に枝野については、
核マル派だの中核派だのというレッテルが張られているが、
彼らの思想についてはどうのこうのいうつもりはないが、
少なくとも公安がマークしている状態であることについては、
考えなければならない。

また、
散々人の政治資金については追及するわけだが、
自身の記載漏れについては、
「軽率なミス」
という一言で片づけ済ませてしまう。

このような問題については、
批判をするからには、
額の大小を問わず行わなければ、
この額ならいい、
という勝手なルール付けができかねない。

つまり、
ただ人の批判だけできればいいわけであり、
結果として、
国家としての重要事項等について議会を遅延させたいだけなのである。

当然にこういう人たちは、
「もっと審議する時間が欲しかった」
など、
そういった重要事項が決議された後いうわけであるが、
そもそも自分自身がそういった時間を平然と奪っているわけである。

埼玉5区の有権者の皆さん。
騙されてはいけませんよ!
こういう国の為にならない人間を国会議員にしないでください。

与党・政権党に反対票を入れることは、
恰好いいことでも、
知識人のすることでもありません。

ただただ、
国家を滅亡へと導く行為以外の何物でもありません。
民主党 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。