So-net無料ブログ作成
共産党 ブログトップ

共産党の言っていることって夢がないなぁ [共産党]

たまたま過去の映像を見る機会があったので、
先日の総選挙後の番組を見ていた。

そのなかで、
共産党の小池晃が、

金持ちからいっぱい税金を取ればいい!

と力説していたが、
これっていったいどういうことなんだ?

そうじゃなくて、

お金持ちになって国の為にいっぱい税金を払えるようになりましょうね。
それが社会貢献です。
でも心配しないでください。
税率はどんどん下げていきますから。
そのかわり高いお買い物をしてくださいね!

というのが、
政治家なんじゃないかなぁ。

金持ちの高い税率をかけて、
消費が鈍ったら却って税収は落ちるでしょうに。

まして、
金持ちになることができる機会を単純に減らしていくような、
夢のない話ばかりして、
どうやって国を運営するのかい。

いかにも

弱者の見方です

みたいな表現を使っているが、
結果的には、

弱者は永遠に弱者のままでいい

と言っているようなものなのだ。

いかにして、
金持ちになることができるか。

これを追及することができる環境を提供することこそ、
本当に景気回復するために必要なのだ。

なぜならば、
単純に消費しなければ、
景気は良くならないからである。

物を買うためのお金をいっぱい持つことができるように!

たとえ大企業だけと言われようとも、
実際に賃上げを実現させていっているというだけ、
安倍政権は評価されていいものなのである。

民主党政権時はどうだったか?
支持母体はあの連合だよ!

労働者の代表たる連合を抱えておきながら、
今の安倍政権のごとく賃上げを実現できたのかい。

これが政治というものである。

大企業だけ恩恵を受けやがって!

というくらいなら、
大企業にはいるべく動かなかった自分を恥じるべきであって、
大企業に入ったものへ逆恨みするのは筋違いである。

世間的に相当の高給取りであるマスコミが、
自分たちより給料の安い公務員をして、
高給取りの代表かくのごとく扱ってきたのは、
詐欺と言われても仕方のない悪辣なイメージ操作でしかない。

国Ⅰになるために必死になって勉強してきた彼らが、
国家運営のために汗水流している彼らが、
くだらない批判にさらされるいわれは全くないのである。

そういう大人しか見ることのできない子供たちは本当に不幸である。
共産党 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。